アイビーデンタルクリニック

0577-36-1331

一般歯科

HOME»  一般歯科

一般歯科とは

一般歯科は虫歯や歯周病など歯の病気全般の治療のことです。
その治療の多くが、保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療=一般歯科という方もいます。ただし、治療に使用する材料等によって保険診療ではなくなる場合もございます。その際はしっかりとご説明させていただきますので、安心して受診してください。

虫歯の進行について

虫歯はエナメル質を溶かすところから始まります。
ここには神経が通っていないので初期のころからは痛むことはありません。
虫歯の進行はC1からC4に分かれます。

  • C1
    虫歯の初期段階です。歯の滑らかさがなくなり、灰色や薄茶色の溝のようなものが現れます。また、歯には少しずつ穴が開いていきます。
  • C2
    C1をそのままにしておくとエナメル質を突き抜けて象牙質まで侵されてC2になります。
    この状態になると黒くなっている所が鏡などで確認できます。象牙質はある程度厚みがあるので、C2の中でも程度と症状には違いがありますのでC2初期であればまだあまり痛みも感じないでしょう。
  • C3
    冷たい水や熱い食べ物を口にいれると、しみるようになってきて、そのまま放っておくと虫歯が歯髄にまで浸潤し、C3になります。
    C2からC3へ進行する速度は速いのでしみるようになったらすぐ受診してください。
  • C4
    C3のままにしておくとC4になり目に見える歯冠の部分はほとんど失われ、根の部分だけが残るという、状態になります。

虫歯の治療

小さい虫歯なら少し削って簡単に終わりますがあまりに進んでしまった虫歯は神経を取り除き、入れ歯をいれることもしばしばです。
それらも含め、虫歯の治療はその状態や進行度に合わせて最適な治療をご提案いたします。

Page Top