アイビーデンタルクリニック

0577-36-1331

歯周病

HOME»  歯周病

歯周病は自覚症状がほとんどありません

歯周病とは?

歯周病は歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれ、歯の周りの組織が細菌などで冒される病気をいいます。この病気は最初自覚症状が全くないため、多くの医療機関で、歯周病の恐ろしさ、予防方法などを掲示物やパンフレットにして、注意を呼びかけております。

成人の80%が歯周病にかかっていると言われ、虫歯が全然ないとおっしゃっている患者さまでも歯周病が進行してしまっているのをよく見かけます。

このような症状のある方はご注意ください

  • 歯肉のかゆみ、出血、排膿
  • 唾液(だえき)がネバネバする
  • 起床時に口の中が気持ち悪い
  • 口臭が気になる
  • 物が食べづらい
  • 歯が長くなった感じがする

歯周病の症状

歯周病になると、歯茎が腫れて十分にご自身で歯を磨くことができなくなります。

このため、磨き残しが増加し、歯茎の炎症が起こり、その炎症が歯を支える骨に波及し、結果的に骨が溶けて吸収を起こしてしまいます。

この状態が進行すると歯がぐらついてきたり、歯が浮いた感じがする等の症状が出てきます。場合によっては自然に抜け落ちてしまったり、モノを噛んだ際に痛みを感じることもあります。

歯周病の原因

口内の細菌が原因です

歯周病はお口の中にいる細菌によって引き起こされると考えられています。

 

口の中には多くの細菌が生息し、また、その種類も非常に多数存在しております。

これらの細菌は歯の周囲に、あるいは唾液の中に、また舌の上皮の間にも住みついているのです。その中でも歯周病の原因になっているのは、歯に付着して生息している細菌です。

目で見えるところに付く歯石よりも、歯と歯茎の隙間に隠れて見えない歯周ポケットの中の歯石が歯周病を悪化させます。歯石は、歯ブラシでは除去できないので歯科医院での除去が必要となります。

最新の歯周病治療では、お薬によって細菌を取り除く事も可能となりました。

歯周病治療

歯周病治療を希望して来院される患者さまの多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。

治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。

また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、私たち歯科医院では歯周病が進行していると思われる患者さまには十分に歯周病に関する説明を行い、治療の必要性をお話しております。

歯周病治療の流れ

歯周病の治療には、患者さまそれぞれにあった計画的な治療が必要となりますが、
一般的に歯周治療は以下のようなステップで行われます。

  1. プラークコントロール
  2. バイオフィルムの除去
  3. プラークコントロールの確認
  4. リスクファクターの改善
  5. 再検査
  6. より良いお口の環境を得るための治療
  7. メインテナンス

歯周病予防

プラークの定期的な除去をお勧めします

歯に付着している細菌の集まりをプラークと呼んでいます。そしてプラークが石灰化したものを歯石といいます。

 

歯石ができると、歯と歯茎との間に溝や空間ができたりして、歯ブラシが奥まで届かずプラークを取り除くことが難しくなります。

歯周病を予防するためにまず大切なことは、定期的に歯茎のチェックや、歯石の除去を行うことです。3ヶ月に1度は歯石除去をお勧めします。

Page Top