アイビーデンタルクリニック

0577-36-1331

小児歯科

HOME»  小児歯科

小児歯科の必要性

子供の歯(乳歯)は生え変わって大人の歯(永久歯)に変わっていきますが、乳歯がどのような状態にあるかが永久歯にも関係してきますのでこの時期に治療、予防することは非常に大切なことです。また、子供の頃から歯を大切にすることで、大人になっても歯を大切にする習慣が身につき、より健康な歯が保たれます。

子どもの虫歯予防

子供のころ歯医者に通った苦い経験から「自分の子は歯医者に通わなくてもすむように」と虫歯予防に力を注ぐお父さんお母さんも多いと思います。とはいえ、最近では治療することよりも予防をするために通われる方も多くなってきていますので、お気軽にご相談ください。
また、歯医者にいって予防するだけでなく自宅でもしっかりとしたケアをしましょう。

年齢別 口腔ケア

乳児期(生後半年まで)
生後半年までは歯みがきの準備期間ともいえるので毎日コツコツとお口のお掃除をしてあげましょう。
まだこの頃は歯みがきを使用することができないので水やぬるま湯で湿らせた柔らかい布や指ブラシでやさしく拭き取ってあげてください。

生後半年頃
歯が生えるスピードには個人差がありますが、だいたい6ヶ月頃から前歯が生え始めます。
この時期はお口に触られることや膝に頭をのせた仕上げの歯みがきの体勢に慣れさせていきましょう。
指ブラシか歯ブラシであまりゴシゴシ磨かずにやさしくブラッシングしてあげてください。
あまり強く磨いてしまうと歯みがきを嫌がってしまうのでお気を付けください。

1歳頃
この時期は上下の前歯が生え揃います。
上の前歯は下の前歯と違い唾液が届きにくいので、唾液で汚れを洗い流されることが少ない場所です。
お子様に歯ブラシを使わせ始めて自分で磨くことを覚えてもらうのはもちろん仕上げ磨きをしてあげてください。
一緒に磨いたりするとお子様も歯みがきが楽しみになって習慣づけにもつながります。

2歳~5歳頃
奥歯が生えて乳歯が生えそろう時期です。
食べたら磨く、寝る前には磨く、という歯みがきの習慣づけが大事になってきます。
磨くことが当たり前という環境にするよう心がけましょう。
3歳前後よりコミュニケーション能力の発達が著しくなりますので歯医者でもいろんなことができるようになってきます。
また、虫歯予防にはフッ化物の使用が効果的です。歯科医院での定期的なフッ素塗布はもちろん、歯科検診も定期的に受けましょう。
ご家庭でのケアはフッ素配合ジェルの使用をお勧めします。

6~12歳頃
乳歯が抜け永久歯が生え始める時期。デコボコの歯並びになりがちなため、ブラッシングの際にみがき残しが多くなります。特に6歳前後に乳歯の後からこっそりと萌出してくる6歳臼歯はとても虫歯になりやすい歯です。お子様のお口の中をよく観察して、萌出をチェックしてください。歯科医院でシーラントという予防処置やブラッシングの指導を受けてください。家では仕上げみがきをしてあげて、清潔な口腔内を保つようにしましょう。また、歯並びや噛み合わせの問題が出てくるのもこの時期が多いですので十分に注意しましょう。

Page Top