アイビーデンタルクリニック

0577-36-1331

インプラント

HOME»  インプラント

インプラントとは

インプラントとは、ご自分の歯と同じように自然に噛むことができ、審美的に改善させる「人工歯根治療」のことです。
入れ歯やブリッジといった治療をした方で、口の中の違和感やしゃべりにくい、硬いものが満足に食べられないなどといった不満を訴える方は少なくありません。
入れ歯は着脱可能で清潔に保てるというメリットはありますが、浮いたような感覚があり、かみ合わせに違和感を感じる方も少なくありません。また、ブリッジは人工の歯を両側の歯に橋をかけて固定している状態のため、歯が抜けたためにあごの骨が痩せたりすると歯並びが悪くなるというリスクもあります。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯と同じ感覚で食べ物が噛め、味や食感をしっかり感じ取ることができます。
  • 歯がしっかり顎骨に固定されるので、ぐらつきません。また、あごの骨に力を加えるので、あごの骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できます。
  • 天然の歯と同じように通常のメンテナンスでOKです。
  • 天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がります。
  • 1歯から全歯幅広いケースに対応できます。

デメリット

  • 外科手術が必要
  • 保険外の専門治療になりますので、費用がかかります。
  • 個人差がありますが、治療期間が数ヶ月かかります。
  • 重度の糖尿病などの疾患がある場合、治療が適用できないこともあります。

治療の流れ

STEP 1
カウンセリング
失われた歯の部位や数、かみ合わせの状態やあごの骨の状態、予算などからインプラント以外の治療法も含めて十分な説明を行います。
STEP 2
検査
これまでにかかった病気や現在の健康状態、常用薬の有無などを確認して、口腔内検査、レントゲン撮影、歯型の採取などを行います。
また、あごの骨は人によって形が大きく異なりますので、CTで3次元的な骨の形態を確認した上で治療計画を立案いたします。
STEP 3
手術(フィクスチャー埋入)
インプラントのオペには1回法と2回法があります。医院や症例によって術式は異なりますので、初診・カウンセリング時に確認しておくと良いでしょう。 術後には消毒と抜糸のために1回から数回、通院する事になります。
埋め込む本数にもよりますが手術時間は1時間前後です。骨の量が不十分な場合には骨の量を増やすような処置も必要になります。
STEP 4
安静期間
あごの骨に埋め込んだインプラントの土台部分(フィクスチャー)が、骨としっかり結合するのを待ちます
インプラントに使用されているチタンは骨とインプラントが結合する性質を持っていますので、仮の歯を使用する子ができます。
また安静、治癒する機関としましては、一般的に下あごで2~3ヶ月程度。
上あごで3~6ヶ月程度が必要です。
STEP 5
被せ物の製作・装着
骨とインプラントが結合して安定した後にフィクスチャーの上の歯肉を切開し、インプラントの上部構造(アバットメント)を装着します。
このアバットメンは仮歯や最終的な人工歯とフィクスチャーをつなげる役目をします。
この状態で歯肉の状態が安定するまで2~6週間待ちます。
STEP 6
人工の歯を作製・装着
歯肉の状態が安定したら型を取り、人工の歯を作ります。形や色などを患者さまに合わせて作製し、アバットメントに装着します。
Page Top